MBAよりPTA! 本物の仕事力を鍛えるのにPTA活動が適している理由

左から川島高之さん、大塚玲子さん、川上慎市郎さん

左から川島高之さん、大塚玲子さん、川上慎市郎さん

ビジネススキルとPTA活動の相関とは? PTAを変える方法とは? 2014年6月13日に都内で行われた「サイボウズ式勉強会 マネジメント視点でPTAをけっこうラクにたのしくする!」でPTA会長を経験してきた2人の経営のプロ――川島高之さん(大手商社系の上場会社の社長)と川上慎市郎さん(グロービス経営大学院准教授)――が語った内容を、トークセッション進行役の大塚玲子(『PTAをけっこうラクにたのしくする本』著者)がまとめました。

PTAは仕事を犠牲にするものではない、むしろ仕事力が高まる

川島高之さんは、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、NPO法人コヂカラ・ニッポン代表でもある。小中学校のPTA会長のほか少年野球のコーチも務めてきた。

川島高之さんは、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、NPO法人コヂカラ・ニッポン代表でもある。小中学校のPTA会長のほか少年野球のコーチも務めてきた。

PTAにはお父さんの入る隙がなかった

川上慎市郎さんは日経ビジネス記者時代、日本NPOセンターのロビー活動や機関誌の編集などもしてきた。非営利組織での活動は学生時代からのライフワークだという。cakesにてPTA活動の経験を発信している。

川上慎市郎さんは日経ビジネス記者時代、日本NPOセンターのロビー活動や機関誌の編集などもしてきた。非営利組織での活動は学生時代からのライフワークだという。cakesにてPTA活動の経験を発信している。

なぜMBAよりPTAなのか?

104_MG_4560.jpg

「前例踏襲」ではなく「何をめざすか」を掲げる

104_MG_4637.jpg

PTAは大組織のトップリーダーを経験できるチャンス

105_MG_4586.jpg 後編に続く

撮影:谷川真紀子 編集:渡辺清美 文:大塚玲子 

Comment