おすすめのタグ

マネジメント
新しいチームのあり方を探求
就活
就活生必見!サイボウズの疑問
ティール組織
会社の「あたりまえ」が変わる
多様性
100人100通りの個性
ワークスタイル
働き方、生き方、もっと自由に
青野慶久
サイボウズ社長の想いと覚悟
キャリア
人生の「積み上げ方」を見直す
複業
複数の「本業」をもつ働き方
人事制度
多様な働き方を支える仕組み
マンガ
サクッと手軽に読める!

特集・連載一覧

ひとりじゃ、そりゃしんどいわ

ひとりじゃ、そりゃしんどいわ

「仕事がしんどい」。誰しもそんなとき、ありますよね。働く限りずっとそばにある仕事のしんどさと、うまく付き合っていく方法はないのだろうか──? 2022年で10年目を迎えたサイボウズ式が伝えたいのは、「チームの心理的安全性」。この特集では、働くみなさんの「しんどい」に目を向け、マイナスな気持ちがゼロに近づくような企画をお届けします。

もっと見る

20代、人事と向き合う。

20代、人事と向き合う。

人事の仕事とはなんでしょうか? サイボウズの20代若手人事の髙木一史は、人事の仕事は「会社の理想と個人の幸福を両立させること」だと先輩たちから教わってきました。しかし、いま会社の理想も、個人の幸福も多様化し、唯一の正解を見つけづらい時代になってきています。そんな中で、これから会社はどう変わっていったらいいのでしょうか。6月17日に人事に関する書籍『拝啓 人事部長殿』を上梓した髙木が、若手なりの視点で掘り下げます。

もっと見る

多様性、なんで避けてしまうんだろう?

多様性、なんで避けてしまうんだろう?

ここ最近、よく耳にする「多様性」という言葉。むずかしそう、まちがった言動をしそうで怖い——。そんな想いを抱えている方もいるのではないでしょうか。サイボウズでも「多様性」を大事にしていますが、わからないこともたくさんあります。この特集では、みなさんといっしょに多様性の「むずかしさ」をほぐし、生きやすく、働きやすくなるヒントを見つけられたらいいなと思うのです。

もっと見る

そのがんばりは、何のため?

そのがんばりは、何のため?

一生懸命がんばることは、ほめられることであっても、責められることではありません。一方で、「報われない努力」があることも事実です。むしろ、「努力しないといけない」という使命感や世間の空気、社内の圧力によって、がんばりすぎている人も多いのではないでしょうか。「そのがんばりは、何のため?」──。カイシャや組織で頑張りすぎてしまうあなたへ、一度立ち止まって考えてみませんか。

もっと見る

これからのマネジャーについて、話そう。

これからのマネジャーについて、話そう。

どの企業にも当たり前のように存在する「マネジャー」という役職。多様な個性を尊重したり、インターネットでの情報共有がスタンダードになったり、時代とともに変わりゆく組織に合わせ、マネジャーも変化していくべきではないでしょうか──? 11月にマネジメントに関する書籍を発売するサイボウズ副社長・山田理が、「これからのマネジャー」について思考を深めていきます。

もっと見る

/3