「LGBTの人、オッケーだよ!」──同性婚や事実婚にも「慶弔休暇」を付与

明智さん

認定NPO法人フローレンス 経営企画室の明智カイトさん。明智さんは、カラフル連絡網(全国LGBT活動者の会)呼びかけ人、「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」共同代表、NPO法人「ストップいじめ!ナビ」メンバーとしても活躍する。

同性婚や事実婚を選んだ人にも、婚姻届けを出した人と同等に有給の「慶弔休暇」を付与します――。

今年4月、「病時保育」や「障害児保育」などの事業を展開している認定NPO法人フローレンスが就業規則を改定しました。企業や学校など、社会で「いないこと」にされがちなLGBT※など多様な従業員が存在することを前提に規則を変えたのです。

今回の改定をLGBT当事者の立場から提案した“ロビイスト”の明智カイトさんと、実際に就業規則を改定した働き方革命事業部人事担当の井上真梨子さんに、お話を聞かせてもらいました。

※LGBTはL=レズビアン(女性同性愛者)、G=ゲイ(男性同性愛者)、B=バイセクシュアル(両性愛者)、T=トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)等の総称。

「LGBTの人、オッケー!」と言われた

LGBTを理解する研修を実施

井上さん

認定NPO法人フローレンス 働き方革命事業部 人事担当の井上真梨子さん。

「男・女」の2択では答えづらい人もいる

フローレンス履歴書.png

認定NPO法人フローレンスの履歴書では「男・女」の他に「その他」が選べ、自認の性が記載できる。

家族の形も、多様な形が認められていい

inoueakechi2.jpg

本人が申告したら、それで認めますよ

※カップルの住民票の世帯をひとつにまとめて、どちらかの続柄を「妻(未届け)」「夫(未届け)」と記載する。

akechisaninouesan610.jpg

喜びや歓迎の声がたくさん寄せられた

次回に続く

文:大塚玲子 撮影:内田明人 編集:渡辺清美

Comment