無駄なことは全部「いっせーの、せ!」でやめる──漫画家「うめ」の“父母会スリム化”

うめさん

(左)夫婦漫画家ユニット「うめ」で、原作やプロデュースを担当する小沢高広さん。作画は、妻の妹尾朝子さんが担当。(右)聞き手、ライターの大塚玲子。著書は『PTAをけっこうラクにたのしくする本』『オトナ婚です、わたしたち』(太郎次郎社エディタス)。主なテーマは「家族」「PTA」等。

仕事も家事も育児も共に取り組む夫婦の漫画家ユニット「うめ」。『STEVES(スティーブズ)』(小学館ビッグコミックスペリオール)、『ニブンノイクジ』など人気連載を抱える2人は、今まさに子育て真っ最中。そんななか、夫の小沢高広さんは、娘が通う保育園の父母会の省力化に着手! なぜ? どうやって? 前回に引き続き、小沢さんにお話をうかがいました。

「やっちゃうやっちゃう!」で変えちゃった

610umesan0203.jpg

「壁新聞」は、すごくおすすめ

ニブンノイクジ

「うめ」さんご夫婦は『ニブンノイクジ』で子育てのリアルを連載中。

適度に「アナログ」を混ぜるておくのもコツ

umesanteawase610.jpg

「やりたくない人にやらせる手間」を省く!

お礼はたくさん言われたけど、あくまで「消極的」な改革

umesan61003.jpg
必要以上に相手の気持ちにならないこと──漫画家ユニット「うめ」夫婦がうまくいく理由

文:大塚玲子 写真:内田明人 編集:渡辺清美

Comment