「早く帰っても結果を出せる?!」──育休で生活者視点を得たゼクシィ編集長が語るヒット連発の秘訣とは?

『ゼクシィ』の伊藤綾編集長、兵庫教育大学大学院助教の永田夏来先生

兵庫教育大学大学院助教の永田夏来先生(左)と『ゼクシィ』の伊藤綾編集長(右)は、共に73年生まれの早稲田大学出身者

結婚情報誌『ゼクシィ』の伊藤綾編集長と、結婚や家族について社会学の立場から調査研究をしている兵庫教育大学大学院助教の永田夏来先生の語らいの2回目。“おめでた婚”や“マルニ婚”の話に続き、今回は5歳の双子を育て、家族で分担しながら定時で帰るよう心掛けている伊藤編集長のワークスタイル変革やヒット連発の秘訣に迫る。

早く帰ることで見えてきた世界

『ゼクシィ』編集長

『ゼクシィ』が送り出した彼女たちは、幸せなのだろうか?

ゼクシィ編集長

兵庫教育大学大学院助教 永田夏来先生

消費者視点を肌で感じる

『ゼクシィ』伊藤綾編集長 

新しい価値は“願い”から生まれる

『ゼクシィ』2014年1月号の付録「エチケットすぎる♪音嫁produced by 明和電機」

『ゼクシィ』2014年1月号の付録「エチケットすぎる♪音嫁produced by 明和電機」

人を大事にするのがダイバーシティの真髄

『ゼクシィ』伊藤編集長

“弱い繋がり”は、新しい発想のヒントに


写真撮影:橋本直己、執筆:野本纏花、企画編集:渡辺清美
関連リンク:

中途採用「コーポレートブランディング担当」募集中!

サイボウズ式を中心に、サイボウズという会社のブランディングをいっしょに実現してくれる方を募集しています。

Comment