PTA会長は狂言師!──「イクメン」で「イキメン」な和泉元彌氏が挑む雰囲気のいいチーム運営の秘訣とは?

狂言師・和泉 元彌氏

狂言師・和泉 元彌氏。和泉流二十世宗家。1974年生まれ。1歳半より実父・和泉流十九世宗家和泉元秀のもと狂言の修行がはじまり4歳で初舞台。NHK紅白歌合戦の司会や大河ドラマの主演を務めるなど狂言以外にも多方面で活躍してきた。一男一女の父。

ここ最近、運動会や授業参観などの学校行事に姿を見せるお父さんは増えてきたものの、PTA活動に参加しているとなるとまだまだ少数派でしょう。そんな中、狂言師で2人のお子さんを持つ父でもある和泉元彌さんは、お子さんが通う小学校のPTA会長に就任。地域活動を頑張る「イキメン」としても活躍しています。その和泉さんとPTA副会長としてタッグを組んでいたのが、たまたまお子さん同士が同じ小学校に通っていたサイボウズの山田理副社長。PTA活動を通じてすっかり意気投合した2人が、PTAというチームの運営や工夫について語り合います。(後編:もっとオヤジ同士のつながりを!──狂言師の和泉元彌氏が語るいまどきのPTAと父子の絆

なぜPTAの役員に?

サイボウズ山田副社長

サイボウズ株式会社 取締役副社長 兼 米国事業支援部長の山田 理氏。1992年大阪外国語大学卒業後、日本興業銀行に入行。2000年にサイボウズへ入社。人事部門の責任者として多様な働き方を可能とする人事制度の構築に関わる。一男一女の父。

PTAは不思議な団体

IMG_6650

雰囲気のいい「チーム」をいかにつくるか

狂言師 和泉さん

PTAに会社員経験を活かす

狂言師 和泉さん

後編に続く

撮影:橋本直己、執筆:荒濱一、編集:渡辺清美


「PTA」を考える
PTAを専業主婦まかせにする時代ではない!?──できるビジネスパーソンが語る「PTA活動 10のメリット」
MBAよりPTA! 本物の仕事力を鍛えるのにPTA活動が適している理由

Comment