「園で預かる」だけじゃない!──企業や家族と「こどもの未来をつくる」保育士の新しい働き方

こどもみらい探求社

こどもみらい探求社共同代表の二人。左よりフリーランス保育士の小竹めぐみさん、こどもみらいプロデューサーの小笠原舞さん。

保育士不足がさけばれているなか、問題となっているのが保育士の待遇や労働環境。厚生労働省の調査によると「賃金が希望と合わない」「他職種への興味」「責任の重さ」といった理由から、資格を有していても保育士としての就業を希望しない人も多いそうです。

そんななか、フリーランス保育士の小竹めぐみさんとこどもみらいプロデューサーの小笠原舞さんは、「保育士は保育園以外でも活躍できる!」と既成概念を打ち破り、合同会社こどもみらい探求社を2013年に設立。保育士の専門性を生かした新たな活動に取り組んでいます。

保育の現場で課題を感じ、子どもたちとオトナの架け橋となるべく活動を始めたおふたりに、活動内容やそこにかける思いについてたっぷりお話をうかがいました。

保育士視点で企業活動をプロデュース

小笠原舞さん

小笠原舞さん 合同会社こどもみらい探求社共同代表、asobi基地代表。法政大学現代福祉学部現代福祉学科卒。こどもの存在そのものに魅了され大学在学中に独学にて保育士国家資格を取得。社会人経験を経て保育現場へ。すべての家族に平等な子育て支援をするために、また保育士の社会的地位を向上させるために「こどもみらいプロデューサー」という仕事をつくる。2012年にはこどもの自由な表現の場として“大人も子どもも平等な場”として子育て支援コミュニティ「asobi基地」を立ち上げる。

卒園後も個性を大切にしてもらえるのだろうか?

こどもみらい探求社

小竹めぐみさん 合同会社こどもみらい探求社共同代表、NPO法人オトナノセナカ代表理事。聖徳大学短期大学部専攻科 保育専攻卒業。保育士をする傍ら、家族の多様性を学ぶため世界の家々を巡る1人旅を重ねる。特に砂漠とアマゾン川の暮らしに活動のヒントを得て、2006年より講演会等を通して【違いこそがギフトである】と発信を始める。幼稚園・保育園などで勤務した後、こどもがよりよく育つための“環境づくり”を生業にしようと決意し、園に属さず自由に動くフリーランス保育士の肩書で独立。

保育園がなくても保育はできる

おやこ保育園

「おやこ保育園」の様子(こどもみらい探求社提供)

自分の力でその子らしく育っていくために

文:尾越まり恵 撮影:橋本直己 聞き手・編集:渡辺清美 

Comment