お堅いPTAもフラットで柔軟な組織に変えられる!──委員会制を廃止し、手上げ方式を実現した父親たち

610PTO1.jpg

左)玉川広志さん/2015年度から、東京都大田区立嶺町小学校PTO団長。愛称「たまちゃん」。「こうちゃん」と共に、改革を進めてきた。アレルギー対応ハウスクリーニング「ワンラップコート鵜の木」代表。右)山本浩資さん/東京都大田区立嶺町小学校PTOで、2012~2014年度まで団長を務め、PTA改革を進めた。愛称「こうちゃん」。本業は、毎日新聞社会部記者。自身のPTA体験をまとめた著書『PTA、やらなきゃダメですか?』(小学館新書)好評発売中!

委員会制をやめ、すべての活動を「手上げ方式(完全ボランティア制)」にするなど、PTAを改革したことで知られる東京都大田区立嶺町小学校PTO。2012~2014年度まで団長を務めた山本浩資(こうすけ)さんこと「こうちゃん」と、2015年度から団長を引き継いだ玉川広志さんこと「たまちゃん」が、PTAについて語り合いました。聞き手は編集&ライター・大塚玲子(『PTAをけっこうラクにたのしくする本』著者)。前編は主に、改革に至るまでの道筋を掘り下げます。

「前例の壁」を突破すれば、次はいける

tosochu610.jpg

PTAから大変さを取り除いたら、楽しいはず

610futari.jpg

言葉だけより効果的、笑顔いっぱいのムービーが心を動かす

610yamamotosan.jpg

「やらされる場」ではなく「やりたいことを実現できる場」

fusen610.jpg

嶺町小学校PTOではポストイットを使ってアイディア出しをしている

「手上げ方式」での“6割”参加をどう捉えるか?

610tamagawasan1.jpg

ネガティブな声に引きずられすぎないコツ

610yamamotosan2.jpg

後編に続く


文:大塚玲子 / 撮影:内田昭人 / 編集:渡辺清美


PTAで「もしドラ」を実践──すべてをボランティア制に、父親も参加しやすい活動へ
「PTAは変えられます、というか変わりましたね」──楽しむ学校応援団「PTO」の始め方!

Comment