「文化をつくるスキル」がないリーダーは、多様な働き方を実現できない

20170531_hino610.jpg

サイボウズ式編集部より:チームワークや働き方に関するコラム「ブロガーズ・コラム」。先月、読者のみなさまからご相談を募集したところ、たくさんのお悩みが届きました(まだまだ募集中!)。届いたご質問やご相談をいくつか取り上げて、ブロガーのみなさまに回答していただきます。今回は、日野瑛太郎さんからの回答です。

ご相談内容


hino.jpg

今回の回答者:日野瑛太郎。ブロガー、ソフトウェアエンジニア。経営者と従業員の両方を経験したことで日本の労働の矛盾に気づき、「脱社畜ブログ」を開設。ブログはたちまち月間約50万PVの有名ブログになり、現在も日本人の働き方に関する意見を発信し続けている。


働き方の多様化で、リーダーやマネージャーの役割はどう変わるか?

「働き方の多様化」というキーワードを耳にする機会が、最近とても多くなりました。ニュースなどでも、リモートワークや時短勤務、転勤がなく仕事内容も変わらない限定正社員といった、メンバーがそれぞれの事情に応じて柔軟に働き方を変えるという話がよく取り上げられています。古い制度をなかなか崩すことができない会社も多いものの、中長期的な流れとして今後ますます多様な働き方が普及していくことは間違いないでしょう。

このような働き方の多様化という大きな流れの中で、リーダーやマネージャーにはどんなスキルが必要なのか、という今回のご質問は、今後の新しい働き方を考える上でとても重要な論点だと思います。働き方が変化すれば、当然リーダーシップのとり方やマネジメントの仕方も変化します。働き方の多様化に対応するために、リーダーやマネージャーはどんなスキルを身につける必要があるのでしょうか?

「違いを修正する」のではなく「違いを尊重する文化をつくる」

まず議論の前提として、働き方の多様化によってリーダーやマネージャーの役割がどのように変化するのかについて少し考えてみましょう。

働き方が多様化する以前、つまり全員が同じ働き方をしていた時代には、リーダーやマネージャーの役割は「全員に同じ方向を向かせ、チーム内の不公平をなくす」ことが中心になっていました。このような状況下では、他と違うことをしようとする人は排除されるか修正されます。

たとえば、家で仕事をしたいという社員がいた場合、リーダーやマネージャーは「みんな会社に来て仕事をしてるんだから、自分だけ勝手なこと言わないでちゃんと会社に来ようよ」と説得することが求められますし、「自分は週3日しか働けません」という人がいれば、「それじゃ他のメンバーに示しがつかないよ」と言ってチーム内の不公平を修正しにかかります。

一方、多様な働き方を肯定するチームの場合、リーダーやマネージャーの役割は「チームメンバー間の違いを尊重しつつ、全員に同じ方向を向かせる」ことに変化します。この場合、ビジョンや目標についてはチームメンバー全員に同じ方向を向いてもらう必要があるものの、仕事のやり方やコミットメントの差については修正するのではなく可能な範囲で尊重することになります。仮に、チーム内にそのような違いを不公平だと感じる空気が生じるのであれば、リーダーやマネージャーはその空気自体を変えていかなければなりません。

たとえば、リモートワークを実践しているメンバーを不公平だと思う人がチーム内にいるのであれば、「そのようなことを不公平だと思うべきではない」という考えを啓蒙することが求められます。チームメンバー間で仕事へのコミット量に差があったとしても、それぞれ事情はあるのだから受け入れようと全員が自然に思えるような空気を、チーム内に作っていかなければなりません。

新たなミッションは「多様性を受け入れる文化」をチーム内に根付かせること

つまり、働き方の多様化時代におけるリーダーやマネージャーの新たなミッションは、「多様性を受け入れる文化」をチーム内に根付かせることです。

取り組んでみるとわかりますが、これはかなり難しいミッションです。多様な働き方を実現するための制度を導入している企業は増えてきていますが、実際には制度があるだけで回っていないという企業も少なくありません。いくら制度としてリモートワークや時短勤務が用意されていても、チーム内にそのような働き方を尊重する文化がなければ、他のメンバーからの「あの人だけズルい」という指摘で容易に過去の画一的な働き方に戻ってしまいます。リーダーやマネージャーは、このようなことが起こらないようにチーム内の空気を変えていかなければなりません。

要するに、新時代のリーダーやマネージャーには「空気や文化をつくるスキル」が必要です。チーム内の雰囲気を良くするよう努めることは以前からリーダーやマネージャーの重要な仕事でしたが、働き方の多様化時代では単に良い雰囲気をつくるというだけでなく、「多様なことは大事な価値であり、多様性を犠牲にせずにチームは目標を達成していく」という考えをメンバー全員に啓蒙し、それが実践できるような環境をつくっていくことが求められるのです。

チームの内外に多様な働き方を「発信」していく力が必要

もっとも、「空気や文化をつくるスキル」と言っても漠然としすぎていてどういうものかイメージが湧きづらいと思います。多様性を重んじる空気や文化をつくる方法はそれこそ人それぞれいろんなやり方があり、唯一の正解があるわけではありません。そんな中で、僕が個人的に「空気や文化をつくる」ことに結びつきそうだと考えているスキルのひとつが「発信力」です。

「自分たちは多様な働き方を肯定するチームだ」というメッセージは、黙っていては伝わりません。リーダーやマネージャーがメンバーに折にふれて発信し、何度も何度も言葉を変えて伝えていくことでチーム内に浸透していきます。

また、発信はチームの内にだけでなく、チームの外に対しても行っていくべきです。チームの外に対して「自分たちの価値観」を示すことで、同じような多様性を重んじる価値観を持った仲間を集めることができます。

このようにチームの内外に対して自分たちのチームの文化を発信する力を持つことが、空気や文化をつくることにつながっていくのではないでしょうか。

リーダーやマネージャーが自ら実践してみせることも大事

また、多様な働き方を実現するチームのリーダーやマネージャーは、自ら多様な働き方を実践して見せることも大事です。

最近は企業の社長でも育休を取ったりする人が少しずつ出てきましたが、求められるのはまさにこのような行動です。リーダーやマネージャーが自らリモートワークや時短勤務を実践して見せることができれば、その下で働く他のメンバーも多様な働き方をする心理的な障壁が大きく下がります。ある意味では、これもひとつの「発信」の方法です。

多様な働き方が会社やチームに根付くかどうかは、リーダーやマネージャーの実際の行動にかかっている部分が少なくありません。働き方の多様化を単なる理想論で終わらせないためにも、ぜひリーダーやマネージャーはチームの内外にその価値を発信し続けてほしいと思います。

イラスト:マツナガエイコ

働き方やチームワークに悩んだ時、自分以外の人の考えに触れてみたい時に。Kindleで「ブロガーズ・コラム」がまとめて読めます!

電子書籍3.png

仕事への「フルコミット」を全員に求めていては、多様な働き方は実現しない
成果を「労働時間」で評価する会社には限界がきている

Comment