人を潰すチームより、生かすチームがいいですよね? 「チームワーク向上のために大切なこと」講義の実況中継

ch

おしぼりは、日本のおもてなし文化の一つ。藤波タオルサービスは触感、衛生、香りにもこだわった様々な製品を開発し、海外にも市場を拡大している。

注力すべき業務ではなく、チーム内での摩擦に時間をとられ力を消耗していく。そんなことでは、もったいないですよね? せっかく働くのであれば、高め合える関係の中で力を発揮し、成果を出して喜びを分かち合えるほうが断然よいはず。

では、チームワークを良くしていくためにはどうしたらよいのでしょうか? おしぼりのレンタル・販売事業を営む藤波タオルサービスでは、チーム力を強化するため社長と社員が共に学ぶ機会を設けています。そんな藤波タオルサービスの研修で、サイボウズの山田理副社長が紹介したのは「サイボウズで大切なこと」。チームワーク向上のためのメソッドを、実況中継形式でお届けします。

チームワークの4つの成果

02.JPG

チームワークを良くするための5つのプロセス

03.png

「信頼」があれば強固なチームで効率的に仕事ができる!

04.png 05.png

重要な約束は明文化し、メンバーが理想に近づきやすくする

ch

藤波タオルサービスのミッションは「新しいおもてなしの感動を創造し、世界中に笑顔をお届けします」。企業理念や行動指針を「コンパス」という手帳にまとめ社員に手渡ししている。

07.png

チームなら弱みは克服しなくてもよく、強みだけを伸ばしていけばいい

藤波タオルサービスの藤波克之社長(左)とおしぼり工場を見学するサイボウズ山田副社長。藤波タオルサービスでは月曜から金曜まで1日2回、1回1組限定で無料の工場見学ツアーを実施している。

藤波タオルサービスの藤波克之社長(左)とおしぼり工場を見学するサイボウズ山田副社長。藤波タオルサービスでは月曜から金曜まで1日2回、1回1組限定で無料の工場見学ツアーを実施している。


絶対に失敗しないチームの作り方
異色キャリアのリハビリ医・酒向正春が考える「チーム医療」とは
太陽のマテ茶のリーダーが語る“チームのつくりかた”

Comment