実は日本的!? ブルーボトルコーヒーの「街に長く根付く」海外展開の流儀

IMG_2434[1].jpg

サードウェーブコーヒーの先駆けとして知られる米国生まれの「ブルーボトルコーヒー」。創業者のジェームス・フリーマン氏が「本当に美味しいコーヒーを作りたい」との思いから、2002年に自宅ガレージで焙煎をはじめ、今やサンフランシスコやLA、NYなど米国内で16店舗を展開するまでに。

そのブルーボトルコーヒーが、海外初進出となる日本1号店「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」を2月6日、清澄白河にオープンします。日本での出店・運営を手がけるのはブルーボトルコーヒージャパン合同会社。文化の違いや物理的距離のあるアメリカチームと連携しながら「サンフランシスコの風を感じられるようなカフェをつくりたい」と準備を進めています。

海外拠点と日本拠点が上手くコミュニケーションを図りながら、事業を進めていくのは決して簡単なことではないはず。それを可能にするチーム術とは?アメリカチームと日本チームとの橋渡し役を務める、同社ビジネスオペレーションズマネージャー・井川沙紀さんに話を聞きました。

目指すは「おばあちゃんの家」、ブルーボトルは日本的?

bluebottlecoffee_01.jpg

ビジネスオペレーションズマネージャー・井川沙紀さん

bluebottlecoffee_06.jpg

IMG_2339[1].jpg

採用倍率は68.8倍、新社員に理念を伝えるには

bluebottlecoffee_11.jpg

店舗があるのは清澄白河の閑静な住宅街。元々工場だったという建物が雰囲気を漂わせている。

IMG_2328[1].jpg

bluebottlecoffee_07.jpg

海外チーム連携は至難の業? ブルーボトル流 意識のすり合わせ

bluebottlecoffee_08.jpg

bluebottlecoffee_02.jpg

チームメンバーの変化

井川さんにお話を伺った後、カフェ内を案内してもらいました。清澄白河ではカフェコーナーの数倍の広さのロースタリー(焙煎所)が併設されています。

IMG_2341[1].jpg

室内にある焙煎機

アメリカのショップと同じく、毎日そこで豆が焙煎され、焙煎後48時間以内の新鮮な豆を販売します。カフェコーナーに隣接した部屋では、ロースタリーを併設する全店舗で行われる「カッピング」と呼ばれる作業がスタッフ全員で行われていました。

bluebottlecoffee_14.jpg

カッピングの合間のお時間をいただき、リテールマネージャーの宮崎さんとクオリティコントロールマネージャーのケビンさんにも話を聞いてみました。

bluebottlecoffee_05.jpg

リテールマネージャーの宮崎さん

bluebottlecoffee_09.jpg

クオリティコントロールマネージャーのケビンさん

ブルーボトルコーヒー 清澄白河店 フォトレポート

IMG_2346.jpg

IMG_2315.jpg

2Fのオフィスに併設されたキッチン

IMG_2389.jpg

IMG_2440[1].jpg

オープンにはみなさんが迎えてくれるでしょう!

(文:池田園子、撮影:橋本直己、聞き手:椋田亜砂美 編集:小沼悟)

Comment