PTAは自由に変えていけばいい──先代がしいたレールにそのまま乗らなくていいんです

610minemachisho.jpg

左)玉川広志さん/2015年度から、東京都大田区立嶺町小学校PTO団長。愛称「たまちゃん」。「こうちゃん」と共に、改革を進めてきた。アレルギー対応ハウスクリーニング「ワンラップコート鵜の木」代表。右)山本浩資さん/東京都大田区立嶺町小学校PTOで、2012~2014年度まで団長を務め、PTA改革を進めた。愛称「こうちゃん」。本業は、毎日新聞社会部記者。自身のPTA体験をまとめた著書『PTA、やらなきゃダメですか?』(小学館新書)好評発売中!

前回に引き続き、PTA改革で知られる東京都大田区立嶺町小学校PTO※のお話です。2014年度まで3年間団長を務め、すべての活動を「手上げ方式(完全ボランティア制)」に変えた山本浩資(こうすけ)さんこと「こうちゃん」と、2015年度から団長を引き継いだ玉川広志さんこと「たまちゃん」が、PTAについて語り合いました。聞き手は編集&ライター・大塚玲子(『PTAをけっこうラクにたのしくする本』著者)。後編では「ボランティアとは何か?」「自由な形のPTAとは?」を掘り下げます。

※嶺町小では「PTA」を「PTO」、「本部(役員)」を「ボラセン(メンバー)」と呼んでいます。

一生懸命さが裏目にでる? 改革後の新たな悩み

610イベント.jpg

PTAはこれまでボランティアではなかった!?

610tamagawasan21.jpg

地域の活動は「やらされて」やるもの?

yamamotosan22.jpg

Tシャツ販売でPTAの資金を調達してもいい

610Tシャツ.jpg 610senaka.jpg

この1年、団長として心がけたのは「引くこと」

610tamagawasan23.jpg

「こうあるべき」が日本のPTAを縛ってきた

610yamamotosan.jpg

文:大塚玲子 / 撮影:内田昭人 / 編集:渡辺清美


お堅いPTAもフラットで柔軟な組織に変えられる!──委員会制を廃止し、手上げ方式を実現した父親たち
PTAで「もしドラ」を実践──すべてをボランティア制に、父親も参加しやすい活動へ
「PTAは変えられます、というか変わりましたね」──楽しむ学校応援団「PTO」の始め方!

Comment