若いうちに「自分しかできないこと」を見つけたいなら、個人の生き方を応援してくれる会社を選ぶべき——木村石鹸・峰松加奈さん

IMG_11111.png

大阪府八尾市に本社を置く、大正13年創業の木村石鹸工業株式会社(以下、木村石鹸)。長い歴史を持つこの中小企業に「東京の大企業から新卒3年目の女性が転職してきた」と話題を集めたのは2015年夏のこと。

その女性とは、木村石鹸へ入社してすぐにマーケティング室を立ち上げ、広報から商品開発、マーケティングまで幅広く手がけている峰松加奈さん。「なかった仕事を作り出す」という社内での活躍だけでなく、社外からも個人として仕事を請け負っています。

「(社内外の)今抱えている仕事は全部、自分がやりたいこと。働いているという感覚はなくて、楽しいことをやっているだけです」といきいきと語る峰松さんに、会社に属しながら個人としての力を身につけ、これからの時代を生き抜くヒントを伺いました。

「自分をパワーアップさせるのは会社である」


038.jpg

峰松 加奈(みねまつ・かな)さん。1990年生まれ。早稲田大学を卒業後、2013年に新卒でユニリーバに就職し、マーケティング部に配属される。2015年夏より木村石鹸工業株式会社に転職。同社ではマーケティング室を新しく立ち上げ、現在に至るまで自社ブランドの商品企画から広報、営業まで業務を幅広く行っている



038.jpg

サイボウズ式編集部の明石。峰松さんのブログに惚れ込んで、このたび取材をオファー



「本当の私はバリキャリじゃない(笑)」人から見られる自分と素の自分にギャップ


IMG_3829.jpg

IMG_3869.jpg


IMG_3906.jpg

峰松さん「サイボウズ式では取材の楽しい雰囲気を全面に押し出してください!」 明石「はい!(笑)」



働いているという感覚はなく、楽しいことをやっているだけ


IMG_3866.jpg



calender.png

峰松さんが副業されている新日本カレンダーのプロジェクト。TwitterとInstagramアカウント: @nk_yutori



IMG_3961.jpg

峰松さんがゼロから商品企画に携わった木村石鹸の自社ブランド「&SOAP」。石けんを、都会的な生活に馴染むよう現代的にデザインしている。取材に同席していたサイボウズ式編集長・藤村がものすごく欲しがる様子を見て、「藤村さんのような人を想定して作ったものなんでめっちゃ嬉しいです!」と峰松さん


思いっきり、バットを振れる環境に身をおくことが大事


IMG_3886.jpg



積極的なアウトプットが、個人の力を高めていく


IMG_3822.jpg



IMG_3951.jpg



構成:池田園子/写真:橋本直己
メルカリのぶれない採用基準とは
採用したい人材に合わせて、むしろ会社を変えていく──働き方は「会社優位」から「個人が選ぶ」へ

Comment