ボブスレーから航空産業──大田区全体を巻き込んだ下町ボブスレープロジェクト

世の中で話題のトピックと、その中心にいる“チーム”に焦点を当てる「あのチームのコラボ術」。前回に引き続き、2014年ロシア・ソチ五輪に熱い思いをかける「下町ボブスレーネットワークプロジェクト(以下、下町ボブスレー)」を取材。

下町ボブスレーが開発したマシンが国際大会で走行し、オリンピック出場に向け大きく前進しました。後編は、プロジェクトが進むなかでメンバーにどんな変化が起きたか、また地域を巻き込むパワーの源を探ります。

チーム発足人 株式会社マテリアルの細貝淳一社長と株式会社ソフトウェアクレイドルの吉川淳一郎課長に聞きます。

下町ボブスレー

社長が集まったプロジェクト 上下関係はつけず「平たく」

下町ボブスレー

各町工場の社長が集まるミーティングの様子。

マシン製造だけではない 大田区全体の取り組みへ

ボブスレーから航空産業へ 「世界の大田区」を目指す

航空機を作りたいという目標からスタートした、下町ボブスレー。まずはソチ五輪出場を果たすためチーム一丸となっていますが、その先には念願の航空機産業への参入という次なる目標があり、そこに向けた準備も着々と進んでいます。

地域発世界を目指す一大プロジェクトが、どんな成長を遂げるのか。そして、大田区が世界で通用する「モノづくりのシリコンバレー」となる日はくるのか。同じ日本人として、経過を応援したいと思います! (写真撮影:橋本 直己

Comment