チームめし! 大阪王将の外食戦略チームの素顔とランチをお届け

ユニークなチームの素顔を探るコーナー「チームめし!」。第2回となる今回は「大阪王将」「太陽のトマト麺」を展開するイートアンド株式会社外食戦略チームのランチにお邪魔させていただきました!

大阪王将自慢の餃子。いいにおいです。

大阪王将自慢の餃子。いいにおいがしてきます。

「アニキ」が率いるチーム

イートアンド株式会社が展開する店舗「大阪王将」は、おいしい餃子をはじめとする中華料理を、全国、世界に届けています。 おいしさの裏側には、メンバーの涙と汗の努力があり…と思いきや、実に楽しくアイデアを出し合っているとのこと。

本日は、大阪王将の外食戦略チーム、関西出身の30代であるリーダー岡部さん、20代の佐藤さん、店舗設計を担当する橋本さん、経営戦略部の広報を担当する折戸さんと、末広町店店長佃さんでのランチミーティングにお邪魔させていただきました。それでは今日はよろしくお願いします…ってあれ?

ランチミーティングにお邪魔しました。左から営業部の佐藤さん、岡部さん、設計担当の橋本さん、広報の折戸さん、店長の○○さん

ランチミーティングにお邪魔しました。左から営業部の佐藤祐佳里さん、岡部圭助さん、設計担当の橋本実佳さん、広報の折戸麻里江さん、店長の佃友祐さん

料理を前に何かを話し合っていました。いまは何のお話をしていたんですか?

大阪王将と言えば「餃子」。温度を含めて厳しい基準が設けられているそうで、岡部さんは温度計を使って細かくチェックし、基準に合うように指導します。若干20歳で末広町店店長に就任した佃さんも、岡部さんが来店すると気が引き締まるそうです。取材とはいえ、目の前に料理が並ぶといつもの仕事の熱が出てきたようです。

真剣なるミーティング中・・・

白熱するミーティングに私たちもドキドキ・・・

今のチームになったのは2013年の4月、年齢も経歴も違うのに「ハッシー」「さとちゃん」とお互いニックネームで呼び合うほど仲が良いというこのチーム。しかし、岡部さんだけはみんな「さん付け」、もしかして怖い人なんでしょうか?

自立したメンバーが集まってチャレンジできる楽しさ

楽しく考えながらも「やるべきところはやる」空気もあり、企画や戦略に対してはシビアに進めているそうです。良いアニキの岡部さんから見て、みなさんはどんなメンバーなんでしょうか?

佐藤さんは入社前から目標があったそうです。それもズバリ「店舗開発をしたい!」 。今はその目標に近い仕事をしていることがモチベーションにつながっていると言います。岡部さんは佐藤さんの働く姿勢を見て、サポートをしているように感じられました。

やりたかったことができる今は楽しいという佐藤さん(左)と、上司の岡部さん(右)

やりたかったことができる今は楽しいという佐藤さん(左)と、上司の岡部さん(右)

なるほど、店舗によって内装や外装にも変化をつけているんですね。佃さんは実際に店長としてその効果を感じることはありますか?

関東に出店しているお店はまだ少ないのですが、だからこそモデル店舗を作れるなど、チャレンジをしやすいとも岡部さんは語ります。

設計担当の橋本さん(右)

設計担当の橋本さん(右)

昔からあった「餃子の中食文化」

大阪王将は、2014年9月で創業45周年目を迎えるそうで、創業記念の期間限定メニューを7月から提供しています。9月からは第3弾が登場するそうですが、これもまた美味しそうなメニューがそろっていました。

第3弾の記念メニューは「煮干中華そば」「鶏塩ネギ飯」「チキンパーコーの生姜あんかけ麺」。残暑が厳しくなる9月に、さっぱりしながらスタミナたっぷりのメニューを用意したそうです。
そして、最も力を入れたのは名前や見た目にインパクトを持たせることだったとのこと。

店長の佃さんにいち早くポスターを見せていただきました

店長の佃さんにいち早くポスターを見せていただきました

確かに、名前だけ見ても食べたくなっちゃいますけど、写真を見てさらに食べたくなってきます。もうすぐ創業45年ということでしたが、食文化が変わっていく中で、大阪王将の顔を「餃子」以外に増やそうとは考えてないんですか?

時代が変わっても餃子は餃子。文化が変わったから新しい料理も考える必要があるのだけど、元々餃子は文化の中に存在していたから、これまでと変わらない努力を続けていく。餃子へのこだわりと食へのこだわりを強く感じました。ちなみに、「餃子の王将」と大阪王将とは何か関連や違いはあるのですか?

なんと、そうだったんですね。競合とは思っていましたが、元はのれん分けだったとは、知りませんでした。最後に、今後の抱負をひとこといただきました。

創業記念メニュー第3弾は9月の10日(関東エリアは6日)から食べられるとのこと。またそのほかにも都内各地に新しい発想を入れた新店舗を計画しているそうです。店舗戦略チームが考える新メニュー、新店舗を楽しめる日が待ち遠しくなります。

取材終了後に、餃子とステッカーをいただきました。

取材終了後に、餃子とステッカーを頂きました。ごちそうさまでした!

Comment