【第10回】こびとの指示書はこれだ!──実際のプログラムをみてみる

コンピューターの中にいるこびとは、仕事をする時に指示書がないと動くことができない。みんなが話すときは日本語を使っているけれど、こびとに指示するためには、専用の言葉を使うんだ。指示書とはいったいどんなものだろう?

※この連載は、毎日新聞社発行の月刊誌「NEWSがわかる」で連載している記事の転載です。

10-1prosan.jpg

実際のプログラムの例

言語にはたくさんの種類がある

(転載元:ニュースがわかる・発行:毎日新聞社/イラスト・斉藤恵/©サイボウズ/毎日新聞社 2017)
プログラマーって何しているの? IT企業の中身はどうなっているの? 中学生が聞いてみた
【第1回】 プログラミングってなんだろう?
【第2回】プログラムで動くもの──ごはんを炊く炊飯器もプログラミングで?
【第3回】人間を支えるプログラム──プログラミングって?
【第4回】スマホはどういう仕組みになっている?──スマホのなかのこびとたち
【第5回】無かったことにできるしくみ──コンピューターのすごいところ
【第6回】世界は線でつながっている──インターネットって何だろう?
【第7回】文字や画像が表示されるしくみ──こびと同士の会話
【第8回】自分が今いる位置がわかるしくみ──宇宙からの声をきくこびと
【第9回】みんなでつくっている事典「Wikipedia」──世界の人とチームになる

Comment