「東京トイボックス」に学ぶ、ブラック企業とクリエイティブな熱狂集団を分けるたった1つの違い

東京トイボックス、うめ、UME、大東京トイボックス

「マンガから学ぶチームワーク」シリーズ。今回は、ゲーム業界で働く人たちを描いた『東京トイボックス』(全2巻)を紹介します。

この続編にあたる『大東京トイボックス』(全10巻)は、2012年のマンガ大賞で第2位にも選ばれている人気作品。弱小ゲーム会社を率いる天才肌のクリエイター天川太陽(てんかわ たいよう)と、大手ゲーム会社幹部を務める仙水伊鶴(せんすい いづる)の愛憎まみれた人間ドラマも読みどころです。とはいえ、なんといっても、コンテンツを作り出すことの苦労、寝食忘れて働くマンガの中のハードワーカーたちの姿を見ていると多くのことを考えさせられます。

法政大学の梅崎修先生、悪名高きブラック企業と、良質なコンテンツを生み出す「熱狂」集団に違いはあるのでしょうか。

3日間徹夜。なのに、楽しそう

たとえば主人公の太陽が、ほぼ完成したゲームソフトの仕様を変更すると宣言する場面が幾度となく出てきます。必死になってプログラミングをした努力も水の泡。ただ、周りのスタッフは不満をブーブー言いながら、どこか嬉しそうに再び作業に入っていきます。

東京トイボックス、UME、うめ

集合的な沸騰がクリエイティビティを生み出す

たしかに仕事の場面でも、みんなでわーっと1つのことに集中して取りくんでいるとき、締め切りや納期なんて怖くない、もっといいものを作るために頑張ろう! なんてノリになること、よくありますよね。

気をつけないといけない副作用

うーむ。ブラック企業の定義は難しいですが、法令に違反して労働者を酷使したり、必要以上に従業員の時間を拘束したりする会社に使われる言葉です。中には自殺に追い込まれる人もいるため、政府の産業競争力会議でも対策が検討されています。

一方、会社の成長期や世界をあっと言わせる商品を作るためには、法律の範囲内で、どこか「無理」をしたり「熱狂」したりする必要もある。特に、コンテンツ産業が経済をけん引することが期待されている日本では、こうした「集団的沸騰」を、労働者の人権侵害ではなく、「クリエイティブなビジネス」にうまくつなげていくことが求められています。

「集合的沸騰」を「クリエイティビティ」に変化させるために

東京トイボックス、うめ、UME

ふむふむ。ですが、梅崎先生から新たに出てきたキーワード「子供っぽさ」は、どうやら取り扱いに注意が必要なようです。

社会から嫌われる「子供っぽさ」

「クールジャパン」をリードするマンガやアニメも、土台にあるのはそういう規格外のコミュニケーションであり、文化なのですね。どこか不真面目さとか、突拍子もなさ、汚さ、エロさがクリエイティビティには必要なのかもしれません。

猛獣使いこそ求められている!

『東京トイボックス』の子供っぽさ全開の太陽が社長であるスタジオG3は、経営がうまくいっていないし、作りたいゲームにも手が回らないという状態でした。そこで登場するのが、太陽が持つ幼児性を理解してその才能を引き出す仙水や、月山星乃(つきやま ほしの:大手企業からスタジオG3に出向させられたキャリアウーマン)です。

クリエイティブな人がうまくチーム内で才能を発揮するためには、仙水や月山のような猛獣使いが必要なのかもしれません。

東京トイボックス、うめ、UME

西洋人にはない 日本のchildish (ガキっぽさ)

ゲーム制作の現場から少し飛んで、梅崎先生には、コンテンツ産業の展望を最後に語っていただきました。東京トイボックスには、日本の未来に関するヒントがいろいろ詰まっているんです。

サイボウズの新卒/キャリア採用 募集中!

サイボウズでは、新卒/キャリア採用を募集しています。「チームワークあふれる社会を創る」を、いっしょに実現してみませんか。

Comment