個人の力を引き出す裏側にチームあり! 卓球 平野選手とアーチェリー蟹江選手が語るメダル獲得の裏側

11月26日(いいチームの日)に開催された「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」
第5回となる今回は、新たに「スポーツ部門」を設け、ロンドン五輪でチームワークを発揮し、輝かしい実績を残したメダリストチームが受賞しました。

ロンドン五輪で初のメダル取得の快挙を遂げたアーチェリー女子団体、卓球女子団体から、蟹江美貴選手と平野早矢香選手に、個人と団体の違いやチームワークを発揮するための重要なポイントについて、お話を伺いました。

授賞式での アーチェリー 蟹江美貴選手(左)と、卓球 平野早矢香選手(右) お二人ともミキハウス所属です。

授賞式での アーチェリー 蟹江美貴選手(左)と、卓球 平野早矢香選手(右) お二人ともミキハウス所属です。

選手から見たオリンピック そしてそこへ向かうプロセス

日本女子シングルスの優勝回数は5回。チームの中では、第一線での活躍歴の長い平野選手。

日本女子シングルスの優勝回数は5回。チームの中では、第一線での活躍歴の長い平野選手。

終始笑顔でお話してくれた蟹江選手。オリンピックでも緊張しないそのマイペースさを少し垣間見れました

終始笑顔でお話してくれた蟹江選手。オリンピックでも緊張しないそのマイペースさを少し垣間見れました

“仲間”の存在が安心感に繋がる

蟹江選手の「お茶飲んで休憩~」のコメントに、思わず平野選手から、「お茶?アーチェリーってそんなに優雅なの!?」と突込みが。

蟹江選手の「お茶飲んで休憩~」のコメントに、思わず平野選手から、「お茶?アーチェリーってそんなに優雅なの!?」と突込みが。

1年の3分の2くらいは、海外遠征だという平野選手。常に自分の技や癖を見られる緊張感ってすごいですね。

1年の3分の2くらいは、海外遠征だという平野選手。常に自分の技や癖を見られる緊張感ってすごいですね。

ロンドン後の変化と今後

今後もお二人の第一線での活躍が楽しみです!

今後もお二人の第一線での活躍が楽しみです!

写真撮影 :橋本 直己

Comment