エンジニアがイノベーションを実現するための7ステップ──中土井僚×西尾泰和、U理論で未来から学ぶ方法を解き明かす

IMG_4348[1].jpg

「過去の延長線上にはないイノベーションを起こすための原理と実践手法を明示する」U理論。日本におけるこの理論の第1人者である中土井遼氏と、サイボウズ・ラボで個人やチームの生産性をどう高めるかを研究している西尾泰和の対談の後編をお届けします。

前編では、U理論とは何かという話が中心でしたが、後編ではいよいよ「イノベーションが起きる際にはいったいどのようなことが起きているのか?」という、U理論の核心へ。さらには「U理論は科学か?」という話から、「再現性がない方法論には意味がないのか?」「“正しい”とはどういうことなのか?」といった、ある意味哲学的なところにまで議論が進んでいきます。知的刺激たっぷりのこの対談、じっくりお楽しみください!

どうすれば生み出したアイデアを実現できるのか?

U7.png

過去の経験から正解は見つけ出せない

IMG_4458.jpg IMG_4462.jpg

U理論には、PDCAの“P”を作る答えがあった

再現性がない方法論には意味がない?

IMG_4325.jpg 文:荒濱一/撮影:橋本直己/編集:安藤陽介

<編集部より> 今後『続・エンジニアの学び方』シリーズでは、西尾によるU理論解説の掲載を予定しています。本対談についての疑問点は西尾まで、お気軽にお寄せください

イノベーターとイノベーション人材のたった1つの違い