相手を理解しようとしなくていい、大切なのは「否定も肯定もせず、ただ受け入れる」こと──茂木健一郎×山崎ナオコーラ

02.jpg

人はどうすれば、自分とは異なる他者と、同じ社会で、同じチームで、力を発揮していくことができるのでしょうか?

「すべての多様性を受け入れる」というテーマで作品を生み出し続ける作家・山崎ナオコーラさんと、脳や社会の多様性に向き合い続けてきた脳科学者・茂木健一郎さんの対談。前編では、「多様性とは何か」「他人を受け入れられない理由」について話しました。

後編は、「多様性あるチームに必要なこと」「個性を伸ばすためには?」について。

「理解しないままでも会話をしていいよ」ってことにする

IMG_4978.jpg

茂木 健一郎(もぎ・けんいちろう)さん。脳科学者。1962年東京生まれ。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。『脳と仮想』(小林秀雄賞)、『今、ここからすべての場所へ』(桑原武夫学芸賞)、『脳とクオリア』、『生きて死ぬ私』など著書多数。新刊『脳を鍛える茂木式マインドフルネス』(世界文化社)、『ありったけの春』(夜間飛行)が好評発売中。

IMG_4949.jpg

山崎 ナオコーラ(やまざき・なおこーら)さん。1978年福岡県生まれ。2004年『人のセックスを笑うな』で文藝賞を受賞しデビュー。他の著書に『カツラ美容室別室』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』『ネンレイズム 開かれた食器棚』『美しい距離』など。新刊『母ではなくて、親になる』(河出書房新社)が好評発売中。


違う者同士が一緒にいるときに必要なのは「ルールづくり」「相手の気持ちを感じること」

IMG_4873.jpg

IMG_5007.jpg


みんなが声を出す社会にするにはどうすればいいか

IMG_4903.jpg


人工知能は、個性とは真逆の方向に向かう

IMG_4987.jpg

IMG_4947.jpg


文・ 大塚玲子/撮影・橋本直己/企画編集・明石悠佳

誰かのことを「嫌い」とか「受け入れられない」って、決して悪いことじゃない──茂木健一郎×山崎ナオコーラ

Comment