「やりたいこと」がないインターン就活生が、やりたいことを探す話

「将来何がやりたいの?」

子どものころから繰り返し聞かれるこの質問にいつから答えられなくなったのだろう──。いつか見つかるはずと思っていたのに、答えは見つからないまま、気づけばもう就活生になっていました。

仕事を選ぶために「やりたいこと」は欠かせない要素です。しかし、誰もが「やりたいこと」を持っているわけではありません。

「やりたいことがない」人が、それでも就活の中で「やりたいこと」について考えなければいけない時、どうしたら答えが見つかるのでしょうか。悩む就活中のサイボウズ式インターン生が森一貴さんに疑問をぶつけました。

「やりたいこと」はないのが普通!

森一貴さん1_mini.jpg

左:森一貴さん。探究・創造型学習塾「ハルキャンパス」代表。東大卒業後、東京でコンサルタントとして働いた後、現在は福井県鯖江市に移住し、教育・コンサルティング事業を行う。自身のブログで「やりたいことなんかないけど、しあわせでいたい人の話」というエントリーを書いている。その内容によると、「やりたいことがない」人は意外に多いのだそう。右:悩める就活生、ゆきまーぬ。

やりたい1.png

「やりたいこと」タイプは、やりたいことが先にある人たちで登山に近いイメージ。このタイプの人は、目標や理想に対して近づいていくことに対して幸せを感じ、自分と「やりたいこと」につながりがあるパターンが多い。対して「ありたいすがた」タイプの人たちは、「自分の幸せはこれ」というふんわりとした価値観を持っている。この価値観がどの程度満たされているかが幸せの基準になる。(画像は森さんのブログより)

やりたいことがない人のための、やりたいことの見つけ方

やりたい2.png

就活生は、考えた

森一貴さん2_mini.jpg やりたいことかあ……。

考えてみたら、私は「自己分析」という就活ワードから逃げていただけだ。迫ってくる就職活動という現実を受け入れたくなかったから。

今までは好きなことをしていれば良かったし、それをだれかにわかってもらったり、説明したりする必要もなかった。

でも就活になったら、自分を志望動機や自己PRというパッケージに詰め込んで、ラッピングして売り出さなきゃいけない。そんなイメージがあった。

でも敬遠してた自己分析だって、「やりたいこと」を見つけるための手段なのかもしれない。じゃあ、やるしかないか。

森さんの取材後、私は「やりたいこと」を教えていただいた通りに考えてみた。

まず、過去をふりかえってみた。楽しかったことより、つらかったことの方が先に出てきた。

やりたい3.png つらかったのは、留学したばかりのひとりぼっちだったとき。私のことを知らない人しかいない、だれも助けてくれない状況があんなにつらいなんて知らなかった。

でも、自分が動くことでだんだん友達ができた。毎晩同じメンバーで集まったり、実家に連れて行ってもらったり。そうすることで少しずつ距離が縮まっていく気がした。

最後寮を出るときには、何人かの友達が掃除を手伝いに来てくれた。あれはすごく嬉しかったなあ。

他にもミュージカルにでたときは楽しかった。ダンスをしたり歌ったりするのももちろんだけれど、どんな意見も受け入れてもらえる空間にいること、そんな空間を構成する一部であることも嬉しかった。

他にも、いくつか考えてみた。そうすると、森さんのおっしゃるとおり、共通点が見つかった。

たぶん、私は人と関わるのが好きなんだ。もう少し具体的に言うと、「時間をかけて、ゆっくり他人を理解し、信頼を深めていくこと」が私には大事なんだ。

私のありたいすがたって、もしかしたらこれかもしれない。
えーと、じゃあ次は「複数のキーワードにおとしこむ」のか。

それってつまり「私のありたいすがたを構成する要素は何か」考えるってことかな? 

仲間・寛容・正直・余裕・適当……。
たくさんの言葉を並べてみたけど、しっくりきたのは

・受容(変化やメンバーの違いを受け入れながら進むこと)
・柔軟(苦手なことを好きになる、考えを変えることを恐れないこと)
・継続(持続する関係性を構築すること)
・信頼(信頼しあえる関係であること)
・背景理解(裏にあるものをくみとること、対象をよく知ること)

絶対これだ! って自信はないけど、納得感はある、かも。 やりたい4.png 次は「シーズ・ニーズ・ウォンツにあてはめ」てみた。
あれ? 埋めてはみたけど、やりたいこと、浮かんでこない。

……たぶん、私の知識が少なすぎるんだ。
世の中にはどんな仕事があって、人はなんのために働いているのか。
知らなきゃなにもできないんだ。

就活生は、(ようやく)動きだした

「ありたいすがた」は見えてきたけれど、具体的にどんな仕事があるのか全然知らない。それを知らなきゃ「やりたいこと」なんて見つからない。知識が必要だ。

そこから私はやっと動き始めることができた。サイボウズの社員さん、他の会社の方にも、たくさんの人のお話を聞いた。その中には、自分の想像と似た話も、全然違う話もあった。

今回、森さんのお話を聞いて、自分自身で考えてわかったのは、
・「やりたいこと」のとらえ方は人によって違うこと
・「やりたいこと」は自然にはうまれてこないこと
・なにをやりたいのか、やりたくないのか、言語化する努力が必要なこと

社会人の方とお話していると、ときにとてもうれしい言葉をいただける。

「誠実」「丁寧」。

そんな言葉で自分を形容してもらえるとは思いもしなかった。人から見た私と、自分から見た私って、こんなにちがうんだ。
そこからまた考えるヒントが見つかる。楽しい。
あたらしい人と出会えるのは、楽しい。

うかがった中で特に印象にのこった言葉がある。

やりたいことをみつけるということは
「過去の自分をふりかえり今の自分を知ることでこれからの自分を『決める』こと」

私はまだ「これからの自分を決め」られないでいる。
でもこれからも、すすんだり戻ったりしながら、やっぱりすすんでいきたい。

文:ミノシマタカコ/イラスト:山里 將樹

Comment