働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。

大事な商談の日なのに、保育園に預けられない──両親の代わりに営業チームで子守をした話

kozure6.jpg

営業のスタイルは会社によって異なれど、より多くの売上を上げ、個々の売上目標の達成を目指すというのが一般的な営業の姿です。 営業はスケジュールや業務がお客様や取引先が最優先となることも多く、小さい子どもがいる共働き家庭では苦労することも多いのではないでしょうか。

こうした中、サイボウズの営業部で両親が仕事をしている間、「同じチームメンバーの男性が子守をする」というおもしろい取り組みが報告されました。その2件の詳細を追ってみました。また、その取り組みについて、営業部の部長・本部長と社長の青野にも感想を聞きました。

komori_04.png

登場人物の相関図


息子が病気で保育園に預けられず、夫も仕事の調整ができない。どうしよう……。

きっかけはサイボウズのパートナー営業部で大手パートナー企業(販売代理店)を担当する働くママ、才田さんのお子さんが今年1月19日に熱を出してしまったことから始まりました。

お子さんの突然の発熱、翌日(1月20日)も熱が下がらなかったため、20日は同じチームの後輩である深澤さんに代わりに商談に行ってもらうことになりました。才田さんは自宅で、お子さんを看病しながら在宅勤務をしました。

しかし、一向に下がらない熱に夕方には病院へ……。すると、お子さんが溶連菌(ようれんきん)に感染したことが判明。

溶連菌は感染症であるため、熱が下がってもその後1日は保育園に預けることができません。その翌日(21日)の商談は、他のメンバーでは代わることができず、どうしても才田さんでなければならない大切な商談でした。

line_saida_1.png

同じ販売パートナー企業を担当する才田さんと後輩の酒本さんのチャットツールでの1月20日のやりとり。翌日の21日の商談はどうしても才田さんが行かなければならず、どうしようかと相談中


まず他の会社で営業として働いている旦那さんに、予定の調整をお願いしました。昼間はなんとか調整することができましたが、18時からの打ち合わせはどうしてもはずせない予定で調整することができませんでした。


絶対に行かなければならない商談、息子の熱が下がらない時にママが取った行動とは!?

line_saida_2.png

才田さんが後輩の酒本さんにお子さんの子守を依頼したやりとり画面


そこで才田さんは、同じ販売パートナー企業を担当する後輩の酒本さんに自宅に来てもらい、在宅勤務で仕事をしながらお子さんの面倒を見てもらうことを提案したのでした。

酒本さんはすぐに快諾。なんと、ものの2~3分で問題が解決しました。

IMG_7362.JPG

才田家で息子さんの面倒を見ながら在宅勤務をする酒本さん。息子さんは塗り絵をしています。とっても楽しそう!


ママは海外出張、パパははずせない大型商談対応、その時上司が動いた!?

そして、もうひとつが、ソリューション営業部で官公庁への製品導入を担当している勝沢さんの例です。

以前から準備していた大事な商談の日、その日は同じ会社で働く奥さんの海外出張の日と重なっていました。お互い早朝に家を出発しなくてはなりません。


子守をすぐに全社に報告、いいね!がたくさんついた


katsuzawa3.jpgkatsuzawa5.jpg

kintoneに投稿された勝沢さんの報告



「こういう対応の形もありますよね」と言ってもらえて、安心しました

今回の2つの取り組みについて、実際に自身が子守をしたソリューション営業部の部長の弘田さんと、執行役員で営業本部長の栗山さん、社長の青野さんの3人に話を聞いてみました。


チームメンバーのサポートがあるから、ママでも最前線で営業ができる


育児能力が高い人は社内で評価されるし、信頼される



子連れ出勤しています!──「小1の壁」に直面した社員発、新しいワークスタイルの試み
青野さん、「副業禁止は経営リスク」って本当ですか?
サイボウズの給料は「あなたが転職したらいくら?」で決めています

文:小原 弓佳

20th Anniversary Cybozu

Comment