社長から「副業したら?」と言われてショックだった──会社一筋の執行役員が副業を始めるまでの話

fukugyou_matsumura_aono_eyecatch_02_610.jpg

「副業とか、してみない?」「僕が、ですか……?」

サイボウズの執行役員である松村克彦が、51歳にして、社長の青野慶久から「副業」の提案を受けました。なぜ執行役員が、この年齢にして副業を? 松村はどんな仕事を始めるのか、そして副業をすすめた社長 青野の狙いは……。

二人の思惑が交錯する「副業物語」が今年の1月、ひっそりと幕を開けたのです。そこにはどんなストーリーがあったのでしょうか。お二人を別々に取材をして、当時の心境を伺ってみました。

「『会社に必要ない』と言われた気がした」。松村さんの心境

fukugyou_matsumura_aono_01.jpg

松村 克彦(まつむら かつひこ)。1964年生まれ 52歳。1991年 東京工業大学総合理工学研究科修了。バブル採用最終年に日本興業銀行 (現みずほ銀行)に入行。2007年 サイボウズ入社。 内部監査部門を経て、2010年から社長室長として、行政連携や地域でのクラウド活用を推進中。

そのときの青野さんの心境は……

DSC03421-Edit.jpg

青野 慶久(あおの よしひさ)。1971年生まれ。愛媛県今治市出身。大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工(現 パナソニック)を経て、1997年8月愛媛県松山市でサイボウズを設立。2005年4月代表取締役社長に就任(現任)。社内のワークスタイル変革を推進し離職率を6分の1に低減するとともに、3児の父として3度の育児休暇を取得。2011年から事業のクラウド化を進める。総務省ワークスタイル変革プロジェクトの外部アドバイザーやCSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)の副会長を務める。著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)がある。

松村さんが悩んだ末に見つけた「やりたいこと」

fukugyou_matsumura_aono_11.jpg

「外に目が向くようになった」。青野さんが語る副業を始めてからの松村さん

fukugyou_matsumura_aono_13.jpg

副業の難しさは「時間管理」にある

fukugyou_matsumura_aono_10.jpg

松村のブログ「めざせ複業!日記

副業を経て気付いた「仕事へのコスト意識」

「今の彼のほうがいい」。青野さんが松村さんに感じた変化

「副業で実感したメリットは?」「サイボウズ一筋じゃなくなったことかなぁ……(笑)」

fukugyou_matsumura_aono_06.jpg

執筆:カツセマサヒコ/写真:横山英雅/編集:プレスラボ


青野さん、「副業禁止は経営リスク」って本当ですか?
「転職したらいくらで給料を決める」は通過点──「働きたくなる会社」をサイボウズの人事制度から考えてみたら
1人1つの職業って誰が決めた? IT一筋27年、次に選んだ「会社に縛られない2+1複業」とは
大事な商談の日なのに、保育園に預けられない──両親の代わりに営業チームで子守をした話

Comment